2015.08.07

愛犬のデンタルケアの難しさ

歯磨きは、オーナーさんが悩まれている愛犬のケアのうちの代表的な1つです。
愛犬や愛猫に歯磨きが必要ということは浸透してきましたが、一番大切なパピーの頃に
適切なトレーニングをしておくということはあまり浸透しておらず、口臭や歯石が付いてしまった頃には
歯に触れることすらできなくて、八方塞がりということも多く見受けられます。
結果、全身麻酔というリスクを抱えながら歯石除去という選択肢しか残らないのですが
無事終えてもその後の自宅での歯磨きもできないので2〜3ヶ月ですぐに歯石がついてしまいます。
年齢や犬種、持病によっては歯石取りで全身麻酔をすることへの躊躇はよく分かります。
ですが、そのまま歯磨きをしてやれずに悪化し愛犬が痛みを我慢する日々や
臓器へのリスクを放置する方がリスク高で可哀想だと思いませんか?

ところで、歯垢とは何かご存知でしょうか?
食べカスだと思われている方が多いようですが、実際は食べカスに唾液中の成分が沈着したもので
約80%以上がバクテリア(細菌)で出来ています。
バクテリア、その成分はお風呂やキッチンの排水溝のあの溜まった汚れと同一らしいから、ゾッとします。
歯垢を48時間放置すると、そこに食事のミネラルやカルシウムが沈着し石灰化し硬い歯石となります。
そりゃあ口を開けて、横でハアハアしようものなら臭うハズですよね。
そしてそのような成分が愛犬の歯肉に接して付着したままだなんて怖すぎやしませんか?
もし私たちが、毎日歯磨きできなかったとしたらどうでしょうか?
代わりにガムやおもちゃを噛んでいるからといって、綺麗にできたと言えますか?
一日ですら気持ちが悪いのに、一週間、一か月・・・考えただけで恐ろしいですね。
歯は、口臭や歯肉炎など口腔内だけの問題ではなく神経を伝い色んな臓器に影響を与えます。
痛みのわずらわしさから、精神的にも覇気がなくなり鬱になるコもおられます。
オーナーさんが歯磨きをしなかった、できるようにしなかったというリスクは非常に大きいのです。
個人的には持論がありまして、唾液が粘いタイプの愛犬は歯垢・歯石が付きやすいように思います。
若いコでも、いろんなものを噛むのが得意であっても、そういうコは要注意です。

愛犬の最適なトレーニング時期ですが生後6ヵ月頃までに行うのが理想であり、
家族として迎えた頃には少しの期間しか残されていないという点が難しい理由かと思います。
色んな経験を経ながら成長していく人でいうならば幼稚園や小学校での一番大切な基盤の部分を
お家の中でトイレトレーニングやお座り、お手などの芸であっという間に過ぎてしまう愛犬たち。
必要でありとても幸せな事ですが、マテやスワレ、トイレが出来たとしても
歯磨きが出来ない、ブラッシングが出来ない、お薬が飲ませられない、おもちゃを取り返せない
触られるとオーナーさんでさえも嫌がったり噛むような仕草をするようになってしまう部分があると
今後お互い困ることが満載なのです。
愛犬が健康で長く一緒にいられるためにパピーの頃にもっと経験し、学ばなければいけない事が
お互いにたくさんあります。
厳しい事を言うのは心苦しいのですが、飼い始めは特に時間を割いてでも
愛犬のために本当に必要な事を勉強をして頂き、実行して頂きたいのが私の本音です。
適切なトレーニング方法を知らないという事も難しさのひとつですね。
愛犬は人でいう手のかかる2〜3歳児のようなもの。
永遠の2〜3歳児に理由を伝えたところで、理解できるはずもなく力ずくで必死に抵抗するのみです。
愛犬がリラックスせずとも受け入れやすい保定の仕方、ブラシの当て方、アイテム選びなど
そのコに合った適切な方法があります。
もし愛犬が適切な時期を過ぎていても無理強せずに根気強く続けることで歯磨きに慣らすことは可能です。
ブラシやクロス、指が口の中に入ってくることに慣れたコは
愛犬に合ったタイプのペーストなどのプラスアイテムを選びましょう。
ペーストやスプレーは歯石がすでについてしまってる、付き始めている歯石アリの場合は
歯石にアプローチしてくれる成分が入っているものを選びましょう。
歯石がまだ付いていない、歯石取りで綺麗になった直後などの歯石ナシの場合は
口腔内を清潔な環境に保ちつつ、歯を強くしてくれるものなどの予防メーンのものを選ぶのが理想です。
後者の方が人の歯周病ケアなどのアイテムに近いかと思います。
悩まれるようでしたら、スタッフにご相談ください。

★まずは歯石へのアプローチがメーンのアイテムのご紹介です。

シグワン ゼオライトトゥースペーストはミクロ粒子パウダー・ゼオライトが、
歯垢をこすり落としイオンの力で歯石の原因となる唾液中のカルシウム分を吸着します。
「ゼオライト」とは厚生労働省から食品添加物として認定された天然鉱石「ふっ石」です。
多孔質鉱石として多数の穴(0.0003-5ミクロン)を持ち、優れたイオン交換機能や
高い吸着脱臭力を持っています。
ペースト状なので塗布しやすいのも特徴です。
<配合成分>
◇良質なゼオライト高配合
◇アパタイト、ポリリン酸ナトリウムで清掃パワーアップ
◇全成分食品原料100%使用
原材料:水、ゼオライト、ソルビトール、グリセリン、ヒドロキシアパタイト、ポリリン酸Na
セルロースガム、グリチルリチン酸2K、銅クロロフィリンNa、クエン酸、安息香酸Na
内容量:21g
日本製
¥842
sigone
ペットキス マウスクリーナーはどうしても磨けないという方や
普段のお手入れプラスαで何かしてあげたいという方にもオススメです。
こちらはヌメリのある唾液をサラサラにしてくれる効果があるので歯垢がつきにくいと言われています。
飲み水300mlに対して5cc(小さじ1杯)の本品を入れて与えてください。
ビタミンB1により口内粘膜(歯茎など)を強化します。
亜鉛はバクテリアや有害物質から身体を守る免疫細胞を活性化し、病原体に強い抵抗力をつけます。
主成分:蒸留水、亜鉛、ビタミンB、レッドビート抽出液、コーン以外の野菜のグリセリン
原産国:アメリカ
内容量:237ml
¥3,132
petkiss
ペットキス ミントプラスはケア時にも使える爽やかな香りのミントが入ったスプレータイプ。
内容量:1本(118ml)
原産国:アメリカ
原材料:蒸留水、亜鉛、野菜のグリセリン(コーン以外)、天然レッドビート抽出液
ペパーミントオイル、ビタミンB
¥1,728
petkiss mintplus
★ここからは歯石がまだ付いていない・少ない、スケーリング後などの予防メーンのアイテムです。

緑の森どうぶつ病院の獣医師、行動学・栄養学の専門家が開発した歯みがきではない
「口腔環境を整えるジェル」。
自然の機能性食品配合により「口臭予防」「歯肉炎・口内炎を抑える」「おなかの調子を整える」
1本で3つの効果が得られる身体の中からアプローチする口腔ジェルです。
ほんのり甘いハスカップの香りで、美味しくケアできます。
歯みがきやスプレーが嫌いな子には歯や歯茎に直接塗るだけでもOK。
塗られるのも嫌な子には、先日ご紹介しました「たもぎdip鮭皮スティック」に
付けてあげるのもオススメです。
<配合成分>
●たもぎ茸
口腔内を正常な環境に保ち、ニオイ対策や、荒れた粘膜を保護します。
●甘草(グリチルリチン酸)
炎症を抑え、口腔内の炎症トラブルに。
●乳酸菌
暢まで届くFK-23を配合。おなかの調子を整え、内臓からくる口臭対策に。
原材料 水、グリセリン、ヒドロキシエチルセルロース、たもぎ茸エキス、グリチルリチン酸2K
乳酸菌、アルギン酸PG、ヒアルロン酸Na、クエン酸Na、香料(ハスカップ)、メチルパラベン
エチルパラベン
原産国 日本
内容量:20g×2
¥4,860
tetote Medical dentalgel
アースリーフ デンタルジェルは天然の抗酸化水アースリーフをベースに
ハイドロキシアパタイト、クロロフィル、甘草(グリチルリチン)を配合した歯磨き用ジェルです。
植物性抗酸化水のアースリーフウォーターとクロロフィルで口臭を軽減し
ハイドロキシアパタイトにより歯のエナメル質を強化します。
適量を歯ブラシ、ガーゼなどに取り、歯磨き粉としてご使用ください。
<配合成分>
●アースリーフウォーター
イオン化されたアミノ酸、ビタミン、ミネラルを豊富に含みます。
清涼飲料規格適合商品なので、飲んでも問題ありません。
●ハイドロキシアパタイト
リン酸カルシウムの一種です。
●甘草エキス
甘草(マメ科の植物)を乾燥させたものから抽出した成分です。ほんのり甘い風味があります。
●クロロフィル
緑色植物の細胞の中にある葉緑素のこと。
●ゲル化剤
液体をゼリー状に固める作用をもつ物質です。アースリーフ製品に使用しているゲル化剤は、食品添加物として使用が認められている成分を使用しています。
原産国:日本
成分:純植物性抗酸化水(アースリーフ)、ハイドロキシアパタイト、甘草エキス
クロロフィル、ゲル化剤
内容量:50g
¥1,728
EarthLeaf DentalGel
バイオガンスデンティフレッシュは舐めても安心なアルコールフリータイプの本格派デンタルケア製品です。
配合成分のクロルヘキシジンが口内環境を整えます。
酵素のフッ素が健康で美しい歯と歯茎を保ちます。
口内の健康を保ちながら優しく洗浄しますご使用前にしっかり振ってください。直
接口内にスプレーを1〜2回プッシュしてください。
1日1回を目安にお使いください。
毎日お使いいただくと、より効率的です。
また、市販の歯ブラシやコットンにつけてご使用いただけます。
スケーリング後にご使用いただくこともオススメです。
内容成分:水、酵素、フッ化ナトリウム、クロルヘキシジン、香料
容量:100ml
原産国:フランス
¥2,376
BIOGANCE DentalFresh
緑の森どうぶつ病院が作った北海道産の天然熊笹エキス。
熊笹100%で作られています。
お口の中の炎症を抑え粘膜を保護し、口臭対策に。
熊笹エキスはにんにくに匹敵するくらい抗菌力・制菌力が強いので、
善玉菌を増やし悪玉菌を減らすことにより、腸内の環境改善をサポートし、免疫機能に働きかけます。
デンタルケアを目的としながら、健康な体に導いてくれる素晴らしいサプリメントです。
低温高圧圧搾抽出法により抽出ており、化学薬品は使われておりません。
保存料も一切含まれていませんので、ボトルの口が愛犬・愛猫の口に当たらないように注意してください。
熊笹エキスは、エキスを口に入れる前に口の中の汚れやネバネバをふき取ってから投与した方が
よりよく浸透します。
ごはんや水に混ぜても使えます。
原材料:北海道産熊笹(高濃縮、道総研林産試験場製造特許)
原産国:日本
内容量:30g
成分値:(100gあたり) 脂質:0.1g、糖質42.3g、たんぱく質5.8g、灰分3.7g、食物繊維1.5g、
カロリー:196kcal/100g
賞味期限 :2016/11/4(未開封時)
¥3,240
kumazasa
すべて、うがいができない犬猫に安心な食品原料由来100%使用のため歯磨き後のすすぎは不要です。
アプローチの仕方がアイテムによって随分と違います。
愛犬の状態(歯石や歯肉の炎症の有無、スケーリング後なのか等)や、好み(味や使用感)によって
選びましょう。

愛犬の口腔内や皮膚の勉強することがキッカケに色々と病気についての知識が豊富になり、
それは人にも通じており10代20代ではない自分たちへの健康の危機を感じることも増えました。
私は子供たちと一緒に約3カ月おきに歯医者さんでスケーリング、フッ素塗布などの
メンテナンスをして頂いています。
歯医者さんともお話しますが、それでもやはり毎日のケアに勝るものはありません。
自分の手にすべてがかかっていると思っていますので少しでも効率よく予防していけるように
歯ブラシやペーストなどもどうせ磨くなら少しでも良いアイテムを使うように心がけています。
犬の歯医者さんは田舎ではないので、トリマーがもう少し踏み込むべきところかなと考えています。
トリミング時に歯磨きというメニューも用意しておりますので、お気軽にご相談等下さいませ。
posted by wag dog life wok at 12:21 | care  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする