2015.09.06

虹の橋を渡ったみんな

色んな伝説をつくった、パワフルで頭のいい小太郎。
病気が分かってから、本当によく頑張った。
こたろうの健気に頑張る姿、最期の時まで君は本当にかっこよかった。
kotaro
明るくていつもニコニコしてた空。
私たちの事を好きでいてくれて私たちにいつも寄り添ってくれてた。
病気はとてもしんどかったけど、その苦しかった分、天国ではいっぱい走っているんだろうね。
ku
後ろ足で立てなくなってからも長く健康でいてくれた夢子。
いつも夢子らしいほんわかとした優しいオーラをふりまいてくれました。
天国で金ちゃんや学ちゃんにも会って一緒に走っているかな。
yumeko
ペチだけど、うちではペっちゃん。
真っ白なボディに、クリクリ・ウルウルの目が可愛いぺっちゃん。
落ち込まれていたオーナーさんのためにも、まだまだやんちゃなモコちゃんもいてくれて本当に良かった。
pechi
ゴーちゃんとの出会いは奇跡的な出会いだったな・・・。
大きな病気や怪我もなく、元気で寿命を全うしてくれたゴーちゃん。
息子のTakuちゃんが、その血を引き継いでくれてるはず。
go
みんなたくさんの優しい家族に囲まれて幸せな犬生だったよね。
天国にいると分かっているのに、トリミング時期の頃に顔が浮かんで仕方ないよ。

愛犬のみんなが素敵なオーナーさんたちと出会うキッカケをつくってくれて
みなさんの人生に関わらせて頂くことでかけがえのない大切な事を学ばせてもらいました。
つきあいの長いコたちが逝ってしまうのは、そのコの顔の表情や身体や毛の質感、
鳴き声や癖などそのコの事を熟知しているトリマーが想って悲しむのはもちろんの事、
オーナーさんや私たちの人生まで広がり、色んな思い出が頭をよぎるので正直キツイです。
ですが、みんなが最期の時を迎えるのを見送らせて頂ける事を、とても幸せなことだとも思っています。

新しく家族を迎えられる方もおられました。
Iさんはシェルティーの兄妹・ポポとメリーを10歳未満でほぼ同時期に病気で亡くされました。
半年は悩まれておりましたが、やはり犬のいない人生は考えられなかったのでしょう。
新しい家族のメリーの初トリミング。
お父さんのやんちゃで困ってるんだと言いながら浮かべる困った笑顔がとても嬉しかったのです。
melly
posted by wag dog life wok at 16:31 | trimming  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする